· 

叔母の竹藪から「竹の子」

自宅を兼ねたショールームへの引っ越し準備になにかとあわただしい毎日が

続く昨今ですが、今日のポカポカの昼下がりに玄関のチャイムが鳴りました。

ドアを開けた瞬間、叔母の元気な第一声が私の張りつめていた神経を

ゆるゆるにほどいてくれました。

それは私の条件反射的な反応なのです。

 

やっぱり!

今回は叔母の家の庭で育ったぴちぴちの竹の子ちゃんが一緒にやって

来たのでした。

去年の8月14日付け橋本の叔母が作った新鮮野菜でお話した叔母です。

今回はそういうわけで竹の子のお料理です。

 

早速皮むきから。

力を込めて半分に縦割りにすると、面白いように皮が簡単にゴッソリ剥け、

もち肌の竹の子ちゃんが出現!

 

お米の白いとぎ汁で下茹でした物は、お水を換えると長持ちします。

この子たちには、大好きな煮物に仕上がってもらいました。

 

 

大きいけど

とっても

柔らかな食感で、

生のままでも

いけそうです。

 

 

ぶつ切りにして

50分位ぐつぐつ

下茹でしたばかりの

竹の子。

準備が大変ですね。

 

写真ではわかりませんが、栗のような香りで

あつあつです。

 

 

それから更に30分

薄味で煮含めました。

煮物は何でもお鍋のおろし際に更にお酒を振りかけると決まると思います。

 

昔はそんなに好きではなかったのに、今は大好きで煮物を自分で特訓しました。

煮物は売っていないので自分で上手に作るしかないのです。

 

 

他県のお友達に作ってあげたい!

 

www.comfizone-japan.com Blog Feed

湯河原温泉&忍野村へ小旅 Vol.Ⅰ忍野八海と行政へ一言 冬の駅♪  (土, 22 1月 2022)
>> 続きを読む

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金の申請をしました  北ウィング♪ (Sun, 09 Jan 2022)
>> 続きを読む

「かながわ県民割」と、なぜか抵抗勢力へ一言  The Blue Cafe ♪ (Wed, 01 Dec 2021)
>> 続きを読む

屋根裏断熱は最も効果的!Vol. Ⅱ  NIGHTS OVER TOKYO♪  (Fri, 19 Nov 2021)
>> 続きを読む

大國魂神社へお参りしました。あの頃 ~藍色の季節♪ (Fri, 05 Nov 2021)
>> 続きを読む