大好きな「シザーハンズ」         "Goodbye... I love you "

昨日はバレンタインデーでしたけど、切ない恋に思いをはせていたら映画「シザーハンズ」のことを思い出しました。涙が未だに出てきちゃう、めんぼくない。

ストーリーは、

 

(以下、ウィキペディアから抜粋)

寒い冬の夜。「雪はどうして降るの?」と孫娘に聞かれた祖母が話し始める。

昔々、町外れの山の上の屋敷に孤独に暮らす発明家がいた。彼は、遂には生命の創造に挑み人造人間を生み出しエドワードと名付けて愛情をもって接する。不完全な両手はハサミだったので発明家は人間と同じ形をした両手を作り出すが、急な発作を起こしエドワードを一人残してこの世を去ってしまう。エドワードは、両手がハサミのまま、屋敷に1人残された。

ある日エドワードの住む屋敷に、化粧品セールスの女性ペグがやってくる。心優しい彼女は、奇怪な姿をしたエドワードがを発見したのち、彼を我家へ連れて帰ることにする。手がハサミのエドワードは食事さえままならないが、植木を綺麗に整えたり、ペットの毛を刈ったりして街の人気者になっていった。やがてエドワードは、ペグの娘キムに恋をする。

ある時エドワードは、キムのボーイフレンドのジムに利用されて窃盗行為を働き、逮捕されてしまう。キムを気遣ったエドワードは真相を語らず、周囲の人々は彼を避けるようになったが、キムはエドワードの優しさに惹かれ始め、ジムは嫉妬を募らせてゆく。

クリスマスの夜、氷の彫刻を作って美しい雪を降らせていたエドワードは誤ってキムの手を傷つけ、ジムによって家を追い出されてしまう。キムはジムに怒りを覚え、絶交を言い渡した。怒り狂ったジムはやけ酒を飲み、飲酒運転の車でキムの弟のケヴィンを轢きそうになる。間一髪でケヴィンを助けたエドワードだが、その際にハサミでケヴィンに怪我をさせてしまう。危険な化け物として街の人々に責められたエドワードは、屋敷へと逃げ込んだ。

エドワードを案じたキムは彼の後を追うが、さらにそれを追ってきたジムともみ合いになり、エドワードはジムを殺してしまう。キムはエドワードに別れを告げると、屋敷に有ったエドワードの両手とはまた別の「ハサミの手」を持ち出すと、屋敷に押し寄せてきた街の人々にその手を見せてエドワードは死んだと偽り彼を匿った。

それ以来、エドワードが来る前には降らなかった雪が、毎年クリスマスの時期になると街に降るようになったのだという。

「どうしてそんな話を知ってるの?」と尋ねる孫娘に祖母は答える。「そこにいたからよ。彼には今も見えるはず。彼が降らせた雪の中で踊る私の姿が…」。その言葉の通り、山の上の屋敷では昔と変わらない青年の姿をしたエドワードが両手のハサミで氷の彫刻を作っていた。彫刻を作る最中に飛び散った細かい氷の粒こそが、空から降る雪の正体だった。そして、その氷の彫刻が模っているのは若き日の祖母、すなわちかつてのキムの姿であった。

繊細で心優しき人造人間エドワードと人間の娘キムの間に芽生えた愛が、今もなお生き続け、そしてささやかな奇跡を生み出しているのを明かす形で、物語の幕は下りる。

 

 

町はずれの山の上のお屋敷で

あの時のままの青年の姿で永遠に暮らす

エドワード。さよなら...

 

でも毎年この寒い時期になると「シザーハンズ」を思い出しそう...

Googleから拝借

YouTubeよりコピー

www.comfizone-japan.com Blog Feed

2018年5月21日(月)室内外の気温差と湿度差      Killing Me Softly♪ (月, 21 5月 2018)
>> 続きを読む

美味しい市販だしは、シマヤだしの素   野村証券「ライブコンサート」♪   (月, 14 5月 2018)
>> 続きを読む

カサブランカのセリフだった...       カサブランカ♪ (土, 12 5月 2018)
>> 続きを読む

「ほたて漆喰ライト」の消臭効果 (うちのリビングも)Go To The River♪ (火, 08 5月 2018)
>> 続きを読む

ガン光免疫療法の続報Ⅲ(7割でガンが消失!)スカーレット・コンフェッション♪ (火, 01 5月 2018)
>> 続きを読む

お問い合わせ

営業時間

平日10:00~18:00 

土日10:00~16:00

定休日 水曜日、年末年始

present365 購入プロモーション