今日のつぶやき & 2018年10月30日&31日分まとめ 室内外の気温差と湿度差          Fields of Gold♪

20181031日(水)午前8時(天気/最低・最高気温)晴れ曇り/9・20

 

        温度     湿度 最低湿度(時間/温度)   最高湿度(時間/温度)

室内       22   53%          51%(22:00/22.5℃)           53%(8:00/22)

室外       12℃   58%           39%(12:00/19℃)              70%(2:00-3:00/11℃)

差異     +10℃   -5P

 

☝今日は昨日よりさらに乾燥する日になりました。最低気温も10℃を下回りましたが、このくらいの寒さだったらセルロースファイバーの蓄熱効果で早朝でもほんわか温かいです。

 

今日の話題は、今朝の朝刊には間に合わなかったホットなニュース「環太平洋経済連携協定(TPP)」のお話しです。

 

TPPは、既にメキシコ、日本、シンガポール、NZ、カナダが国内手続きを終え、6カ国目のオーストラリアが今日31日に手続き終了したので60日後の12月30日に発行することが決まりました。

 

残る5カ国はベトナム、ペルー、チリ、ブルネイ、マレーシアで、ベトナムは11月中旬までに議会の承認を終える見通しだとか...

 

米国第一主義を唱えるトランプ政権がTPPを脱退してから、中国を含む世界の潮流は多国間の自由貿易体制を構築する方向に拍車がかかっているようです。

 

日本や中国、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」も11月の実質妥結を目指し交渉が進んでいるそうです。

 

それに、タイや英国、韓国などもTPPに加わりたいみたいです。

 

TPPが発効すると、チーズやワインなど関税で守られていた商品が安くなるので日本の消費者には嬉しいのですが、特に日本の農畜産物生産者は外国との競争が激しくなるので衰退どころか消滅するかもしれないと心配しているようです。

 

いつものようにお気楽なことを言うようで我ながら呆れてしまいますが、私はTPPで日本の農産物の市場価値が高まると信じています。

 

なぜなら、日本人の品質に対する要求レベルは世界一ですし、そのために生産者の皆さんも品種改良や農作物の生産技術を磨いて、世界一手間暇かけていると思うからです。

 

それに、世界でも有数の恵まれた日本の自然環境の恵みを受けながら日本人の創意工夫と技術力で付加価値の高い農畜産物を作れば、地方経済にプラスになるはずです。

 

日本全国に広がる耕作放棄地等を整理してAIを駆使した大規模農家が増えれば、都会の人間が羨むほどの豊かな生活を地方の農林畜産業従事者が享受できるようになると思います。

 

そうなれば、有能な若者が地方の農林畜産業に従事するようになり、広い土地に三世代で助け合いながら暮らすような大家族の世帯が徐々に増えていくでしょう。そして、子育てもし易くなるのではないでしょうか。

 

若者にアンケートを取ると、多くが自分の子供が欲しいと思いつつも、経済的な負担の方が勝っているので子供を諦めているのが実情のようです。

 

日本政府は早々に少子高齢化社会を不可避のトレンドとして容認しているようですが、日本経済にあらがう能力が有る内に本気で少子化対策を取るべきだと思うのですが...

 

TPP11は11カ国なのに、この報道写真には10カ国の旗しか映っていません。

気になって調べてみたら、オーストラリアの国旗が写ってないみたいです。

 

オーストラリアとニュージーランド(右から4番目)の国旗のどちらにも英国のユニオンジャックが左上にあるので直ぐ判明しました。

コメント: 2
  • #1

    コロボックル(水曜日, 31 10月 2018 18:39)

    お疲れ様でした。早朝から寒くて目が覚めました。
    清里は、-4℃、我が家は、それでも6℃だったけど寒かったな~
    ブログで紹介のTPPですが、とても関心があります。日本の農畜産物生産者は外国との競争が激しくなるので衰退どころか消滅するかもしれないと心配していますが、私も心配しています。  洋子さんらしく日本の農産物の市場価値が高まればいいのですが、若者の農業ばなれ、高い  農機具、肥料、ビニールハウス等、諸費用を考えると難しい気がします。
    良い方向に進んでいくことを祈っています。
    じゃあ、ゆっくり休んでくださいね。
    おやすみなさい(^^♪

  • #2

    柳田洋子(水曜日, 31 10月 2018 22:30)

    コロボックル様のご指摘の通り、肥料や農機具の値段の高さは問題視されて自民党の小泉進次 郎議員がJA全農改革を推進したようですが切り込み不足だったような気がします。
    規制のあるところには官僚などの甘い汁を吸う寄生虫が天下るものです。
    厳しいことを言えば、JA全農という莫大なコストがかかる農業の間接部門を合理化しない限り 農業の固定費は下がらないし、規制を無くせばJA全農は存在できなくなるでしょう。
    昔はJA全農の存在意義はそれなりに有ったのでしょうけど...
    若い人を引き付けられる魅力ある農畜産業にするためにも、規制はできるだけなくして若い人 が創意工夫しやすいようにするしかないと思うのですが...
    その最たる例が規制でがんじがらめの身動きの取れない林業だと思います。
    日本には伐採時期を迎えた良質の人工林が沢山あるのに、光合成を活発に行う若い杉に更新で きず、高齢の杉が花粉をばらまいていると理解してます。
    重量の大きな木材なのに国産材より海外から輸入する方が安いなんて信じられません。
    国産木材の競争力の無さは、高速料金などの高い物流費が重くのしかかっているのかも... まぁ、高速道路関係も天下り先のるつぼのような気がしますけど...

    コロボックル様、モフモフ靴下をはいて寝ると温かくて朝までぐっすりかもしれません。
    私は時々そうしてます。
    普段おうちにいる時の靴下は肌につく裏がパイル地だと意外と冷たいので、アンゴラ地がおす すめです。自分の体温も手伝ってぬくぬくしてきますよ。
    足を温かくしてお過ごし下さいね。^^

----------------------------------------

20181030日(火)午前7時(天気/最低・最高気温)晴れ/11・23

 

        温度     湿度 最低湿度(時間/温度)   最高湿度(時間/温度)

室内       22   56%          53%(23:00/22℃)              56%(7:00/22)

室外       12℃   60%           42%(15:00/22℃)              66%(23:00/13℃)

差異     +10℃   -4P

 

☝今日も乾燥した晴れ日です。清々しいのはいいのですが、紫外線と乾燥には今日も厳戒態勢です。

 

昨日はスチールラックで育てていたトマトとゴーヤを手作りの鉢から抜いて冬に向けて整理整頓しました。6月26日の「今日のつぶやき」でご紹介したように夏場は緑のカーテンとして活躍してくれました。美味しいトマトとゴーヤも有り難く頂きました。

  

この手作りの鉢は、私のショールームで使った3cm厚の無垢杉のフローリング端材を使って造ったものです。ロの字の枠を2段重ねにした鉢だったのですが、もう一段鉢枠を加えて3段重ねにしてみました。(画像左側)

 

敷地内に電柱が2本もあるので、その間のデッドスペースを利用して少しでも緑を増やしたいし、電柱への衝突防止用の緩衝材として役立つと思います。

 

電柱の左側から伸びているトマトの茎が枯れたらビワの木(画像右端)を移植しようと画策してます。

ビワの木が大きくなったら一段づつ鉢枠を加えていくと面白いかも...

 

 

電柱の右隣は3㎝厚の無垢杉のフローリング端材で作った三段重ねの鉢です。

今回造った上の段はまだピンク色です。

 

電柱の隣りに陣取ってるトマトのツルが枯れたら電柱の隣りに置いてある同鉢にビワの木(画像右端)を移植しようと思っています。

コメント: 2
  • #1

    コロボックル(火曜日, 30 10月 2018 15:29)

    暖かい夕暮れ時ですね。体調は、いかがですか。嘔吐しちゃったと聞いたので心配です。
    薬の影響とかあるけど睡眠不足も大きく関係するよ。
    胃のムカムカは一回、吐いちゃうとスッキリするけど無理しないでね。
    今、ブログの音楽を聴いてるけどホッとするいい曲ですね。
    では、ゆっくり休みましょう( ^ω^)・・・

  • #2

    柳田洋子(火曜日, 30 10月 2018 20:57)

    ブログの歌声は33歳で夭折したエバァ・キャシディという人です。             彼女は歌の傍ら、ペンキ屋さんのアルバイトなどで生活を立ててきた下積み時代の長い歌い手 さんですが、やっと芽が出てきた頃、皮膚がんの末期と診断されたそうです。        そして地元のライブハウスで力を振り絞りながら最期のステージを行って亡くなりました。  頑張ってきた人なのに、辛かっただろうなぁとほんとうに思います。            どこか悲しげな声もされていますよね。枯れ葉も悲しくて好きです。            でもきっとみんなで聴いてあげると、天国で喜ぶだろうなぁ...             私は7時間ぐらい寝てるのでそれは平気なんですけど、やっぱりお薬でしょうね。      だって普段お薬なんて飲まないんですもの。                       体がびっくりしてるんでしょう。大丈夫ですよ~                     いつもありがとうございますね。(*^^)v

www.comfizone-japan.com Blog Feed

システムフロアーの床下にセルロースファイバーを吹込みました(Ⅱ)   Paradise♪ (水, 15 5月 2019)
>> 続きを読む

隣人から贈り物、蘭   真珠のピアス♪ (Sat, 04 May 2019)
>> 続きを読む

娘が校区外の中学校に転校で、感謝! Always♪ (Tue, 30 Apr 2019)
>> 続きを読む

「竹の子」で走馬灯のような想い出 Close To You♪  (Wed, 24 Apr 2019)
>> 続きを読む

DIYでセルロースファイバー防音・断熱施工!Vol.Ⅲ   アバ・メドレー♪ (Thu, 18 Apr 2019)
>> 続きを読む

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    コロボックル (Wednesday, 31 October 2018 18:39)

    お疲れ様でした。早朝から寒くて目が覚めました。
    清里は、-4℃、我が家は、それでも6℃だったけど寒かったな~
    ブログで紹介のTPPですが、とても関心があります。日本の農畜産物生産者は外国との競争が激しくなるので衰退どころか消滅するかもしれないと心配していますが、私も心配しています。洋子さんらしく日本の農産物の市場価値が高まればいいのですが、若者の農業ばなれ、高い農機具、肥料、ビニールハウス等、諸費用を考えると難しい気がします。
    良い方向に進んでいくことを祈っています。
    じゃあ、ゆっくり休んでくださいね。
    おやすみなさい(^^♪

  • #2

    柳田洋子 (Wednesday, 31 October 2018 22:30)

    コロボックル様のご指摘の通り、肥料や農機具の値段の高さは問題視されて自民党の小泉進次郎議員がJA全農改革を推進したようですが切り込み不足だったような気がします。
    規制のあるところには官僚などの甘い汁を吸う寄生虫が天下るものです。
    厳しいことを言えば、JA全農という莫大なコストがかかる農業の間接部門を合理化しない限り農業の固定費は下がらないし、規制を無くせばJA全農は存在できなくなるでしょう。
    昔はJA全農の存在意義はそれなりに有ったのでしょうけど...
    若い人を引き付けられる魅力ある農畜産業にするためにも、規制はできるだけなくして若い人が創意工夫しやすいようにするしかないと思うのですが...
    その最たる例が規制でがんじがらめの身動きの取れない林業だと思います。
    日本には伐採時期を迎えた良質の人工林が沢山あるのに、光合成を活発に行う若い杉に更新できず、高齢の杉が花粉をばらまいていると理解してます。
    重量の大きな木材なのに国産材より海外から輸入する方が安いなんて信じられません。
    国産木材の競争力の無さは、高速料金などの高い物流費が重くのしかかっているのかも...まぁ、高速道路関係も天下り先のるつぼのような気がしますけど...

    コロボックル様、モフモフ靴下をはいて寝ると温かくて朝までぐっすりかもしれません。
    私は時々そうしてます。
    普段おうちにいる時の靴下は肌につく裏がパイル地だと意外と冷たいので、アンゴラ地がおすすめです。自分の体温も手伝ってぬくぬくしてきますよ。
    足を温かくしてお過ごし下さいね。^^