· 

Go To清里 Vol. 3「萌木の村」 You Light Up My Life♪

You Tubeよりコピー

 

 

10月23日付けブログ「GoTo清里 Vol. 1 まきば公園と清泉寮

10月26日付けブログ「GoTo清里 Vol. 2 サンメドウズ清里に続き、Vol. 3は

「萌木の村」です。

 

萌木の村は、国道141号線(清里ライン)沿いにあり、清里駅から車で4分程のイングリッシュガーデンに囲まれた素敵な村です。

 

今回も北口ゲート付近しか見ずに二日目も駆け足で立ち寄ったのですが、それでも魅力一杯のお店を見つけました

 

そのお店の名は「フェアーヘブン」

時間に追われながらの二日目でしたが、品の良いアロマの香りに誘われるようにお店に入ったら、30年以上も前から開店している素敵な女性オーナーがマッタリとした口調で私に話しかけてくれました。

 

本場英国にある手入れの行き届いたイングリッシュガーデンには、フェアーヘブンのような小さな小物店が併設されていることが多いとか、知りませんでした。

 

本場英国のこだわりのお庭の魅力を自慢したい英国人オーナーは、小物の販売を通して訪れる人に一石二鳥のアピールをしたいのかも...

 

私はピンクのバラ柄で有名なローラアシュレイマニーローズが大好きなのですが、当店にはローラアシュレイのバラ柄のお皿や茶器が棚に並べられ、壁紙まで同ブランドのバラ柄というこだわりように感動しました。

 

毎年6月には、清里在住のイギリス人ガーデン・デザイナー、ポールスミス氏主催のガーデニングイベントが開催されるそうなので、その時期にまた来てみたいと思いました。

 

とてもインフォーマティブで人間味あふれるオーナーさん、また会いに行きたいです!

 

 

今年も、丸太のトナカイさん達が迎えてくれた「萌え木の村」北ゲート。

 

ハロウィンの時期なので、オレンジのリボンを付けてます。

 

「フェアーヘブン」は、緑に囲まれた素敵なお店でした。

 

一過言を持つ素敵なオーナーが、「萌木の村」の生い立ち等を教えてくれました。

 

萌木の村は、こだわりのあるお店が多いのです。

丘の上のメリーゴーランドに隣接する広場(上画像手前)では、夏場にバレエイベントが開催され盛況だったみたいです。

 

右上画像は、メリーゴーランドのアップ

 

右画像は、イベント広場の真ん中に置かれたハロウィンかぼちゃ(直径3m位?)

 

下画像は、萌木の村の看板レストラン「ROCK」

画像左下は、ホテルの屋上展望台から撮った樹海。

 

向こうに見えるのは雲を被った国師岳(東京方面)です。向こうか、家は...

下の画像は、二日目朝食後に散歩したホテル周辺の遊歩道です。

 

我が家のゴールデンサテンのハムスター「チビ」へ、お土産にどんぐりを少し拾って帰りました。

 

途中、何組かご夫婦に会いました。


www.comfizone-japan.com Blog Feed

DIYで断熱施工 ブロワ(吹込み機)も自作! 真夏の果実♪ (土, 01 5月 2021)
>> 続きを読む

DIYでユニットバス周りを断熱施工 クレイジーラブ♪ (Tue, 20 Apr 2021)
>> 続きを読む

シンビジューム蘭さん、3年ぶりの開花 Living It Up♪ (Thu, 25 Mar 2021)
>> 続きを読む

トレーラーハウスのお客様がDIY断熱施工 恋の仲直り♪ (Sun, 03 Jan 2021)
>> 続きを読む

介護の仕事と彼女 パピエ♪ (Thu, 24 Dec 2020)
>> 続きを読む