低密度のセルロースファイバーが持つ 地震に対する制振  優位性! ♪Hotel California

コンフィゾーンのセルロースファイバーは、繊維のキメが比較的荒いので、

壁中の沈下しない標準吹込密度を36/㎥と低く設定することができます

(”SABSテストの試験概要→4.10標準吹込み厚・密度”参照

 

ちなみに、本邦の標準的な吹込み密度は55kg~70kg/㎥ですが、

私なりにコンフィゾーンのセルロースファイバーで沈下実験をやってみたら、自信をもって沈下しないと言い切れる密度は、70kg/㎥位でした。

 

でもご安心下さい

一般的に言われている断熱材の間欠施工の弊害は、

ことセルロースファイバーに限って言えば恐るるに足らずです。

 

例えば、一般的な断熱材は調湿機能をほとんど持ち合わせていないので、

断熱材の隙間があると、空気の流れが少し発生し温度差と湿度の関係で

結露が発生します。

でも、セルロースファイバーは、その位の結露は軽々と吸収するので

結露は発生しません。

 

それどころか、断熱材の間欠部分(空気の層)は家屋の気密性がある程度

確保されている限り、空気の層は高い断熱性能を発揮します。

 

例えば、重量鉄骨は壁厚が大きくなりがちで、150mm以上もある壁厚に

36/㎥で吹き込んだ場合、セルロースファイバーの吹込み重量を70kg/㎥比で半減できる上に、断熱性能の高い空気層をファイバー繊維の間に多く含むので、より高い断熱性能を有することになります。

 

また地震の際は、低密度のセルロースファイバーは壁内や天井裏で水のように動いて振動エネルギーを吸収します

 

You Tubeよりコピー

お問い合わせ

HPからのお問合せはこちら

 

✉:comfizone.japan@gmail.com

 

携帯:080-4722-1522

※着信番号へ必ずおかけします。

営業時間

平日10:00~18:00 

土日10:00~16:00

定休日 水曜日、年末年始

present365 購入プロモーション