日本家屋の平均耐用年数は僅か30年弱! Vol.⒑

10月18日のブログで述べたように、統計では日本家屋の平均耐用年数は30年弱だそうです。

35年の住宅ローンより短い寿命です。

 

高耐久性を売物にするへーベルハウスでさえ、最近のTVCMで30年しか

アピールしていませんでした。

 

湿気の多い日本で木造建築が多いから仕方ないのでしょうか?

でも、世界最古の木造建築、法隆寺(約1300年前建立)が日本には健在です。

 

では、現在の日本の住宅が短命になる原因はどこにあると思いますか?

(つづく)

納豆菌は、

私達の健康に良い善玉菌です。

写真は作りものの納豆ですが、

よく出来ていますね。

 

同じ菌でも腐朽菌(カビ)は、

万病の元とそしられ、

木造住宅を短命にする

とても有害な悪玉菌です。

 

でも、腐朽菌は枯れた木を分解して

自然にかえす掃除屋です。

  

それにしても、

人は勝手に善玉・悪玉と言いますが、

自然界の生きもので存在自体が悪いと

決めつけるのは人の独善?

 

そう思うと、自然界にとってはガン細胞にさえ存在意義があるのでしょう。

お問い合わせ

営業時間

平日10:00~18:00 

土日10:00~16:00

定休日 水曜日、年末年始

present365 購入プロモーション