液体ガラスを基礎コンクリートに塗布で、300年大丈夫!

ショールーム建設予定地では明日、基礎枠にコンクリートを流し込みます。

 

気温が零下になるこの時期にコンクリートを打設するのはちょっと心配ですが

そこはプロの職人さん達を信じてにお任せします。

 

夏場などコンクリートを急に乾燥させると表面にヒビが入るので、わざわざ放水して水浸しにしたりするそうです。

冬場は、コンクリートが固まる時に熱を発するので凍結防止に毛布などを

掛けてあげるそうです。なんだか生きているみたいですね。

 

また、コンクリートは水分を含んだ状態を維持することで長持ちするそうです。

無垢の木材と同じように無機質のコンクリートも生き物のように水分が

必要なのですね。(人間を含め、森羅万象皆同じ!)

 

ところで、液体ガラスってご存知ですか?

常温でガラス化する液体で、これを住宅の基礎コンクリート(土台)表層に

浸透させるとコンクリート表層がガラス化して、通常40~50年と

言われている基礎コンクリートの寿命が200年に伸びるそうです。

 

型枠を外す2月中旬、私のショールームの基礎コンクリートに液体ガラスを塗布してみようと思っています。

液体ガラスの塗布は、限られた予算で理想の家づくりに少しでも近づけるために

私が出した結論の一つです。

 

ショールーム建設予定地では、

基礎コンクリートの型枠が組まれました。

(1月18日撮影)

お問い合わせ

営業時間

平日10:00~18:00 

土日10:00~16:00

定休日 水曜日、年末年始

present365 購入プロモーション