衰えない肉体、寿命150歳 遠のく「死」問われる「生」Year Of The Cat♪

YouTubeよりコピー

表題は今日の日経新聞一面記事のタイトルです。

衝撃的なタイトルに目を奪われてしまいました。

以下はその記事のコピーですが、3人の日本人が研究している健康寿命を伸ばす最前線の事例を紹介しながら、年初から人生の意味を考えさせられました。

 

米ワシントン大学の今井真一郎教授らが老化を抑える働きを突き止めた長寿遺伝子。これがつくる酵素がカギを握る。誰にでもある酵素だが加齢で次第に機能しなくなり、老化するとみられている。

今井教授らはこれらの酵素の働きを保つ生体物質「NMN」に注目。枝豆などにもわずかに含まれる物質で日本企業が大量生産に成功、一部は市販もされているが、実際に人が摂取して臓器などの老化を防げるか研究している。

マウスでは効果を確認しており、「人間でも2~3年で証明できる」と今井教授。「死の直前まで健康に生きる『ぴんぴんころり』が増えるはず」と笑う。

 

「いずれは生きた臓器同士の交換が始まる」

米スタンフォード大学の中内啓光教授はブタの体内で人の膵臓(すいぞう)の作製を目指す。膵臓ができないように遺伝子操作したブタの受精卵に、人のあらゆる細胞に育つiPS細胞を混ぜれば、生まれたブタの体内に人の膵臓ができるとみる。日本政府が2019年にも規制を緩和するのを待ち、日本で研究を申請するつもりだ。

 

国際電気通信基礎技術研究所(京都府精華町)が開発しているのは脳波で操るロボットアームだ。「動け」と念じると、脳から検知した電気信号を帽子のセンサーでとらえ、「3本目の腕」が動く。西尾修一主幹研究員は「人の脳には3本の腕を同時に動かす能力がある」と進化に期待する。

 

狩猟採集社会では多くの人がケガで命を落とした。農耕社会に移り、20世紀に抗生物質が見つかり感染症が激減。平均寿命は記録が残る約300年間で40歳弱から80歳超まで延びた。人口学が専門の金子隆一・明治大学特任教授は「人間は最期まで健康で潜在能力を最大限発揮しようとする稀有(けう)な生物になりつつある」と話す。

 

老いの抑制、臓器の交換、そして脳と機械の融合が進めば、2050年には不老不死に近づく。「老後」が死語になれば「支える側」として働き続けることが求められ、社会保障の考え方そのものが変わる。

 

日本経済新聞が若手研究者約300人に「人間の寿命は何歳まで延びるか」と尋ねたところ「150歳」が最も多かった。家族も4世代、5世代が同じ時代を生きる終わりなき社会。一方で50年に日本人の死因で最多になる死因を尋ねると、自ら生の長さを決める「自殺」がトップだった。

 

「君たちの生はたとえ千年以上続くとしても、必ずや極めてわずかな期間に短縮される」。古代ローマの哲学者セネカは人々の生の浪費を嘆いた。死があるから生がある。限られた生の中で「善く生きること」の意味をいにしえから哲学者は問い続けた。死が遠のけば遠のくほど、私たち人類に問われるのは一瞬で過ぎ去り続ける生のあり方だ。

(以上、日経新聞からコピー)

 

奇しくも、私を時折励ましてくれる日本屈指の祈祷師先生から今日頂いたメールには、

以下の文言が書かれていました。

 

命の本質は、ただ常にそこに在るもの。

すなわち、今この瞬間しか私達には無いのです。

 

未来が無いなどという意味ではもちろんありませんが、今この瞬間を懸命に生きずして未来もまたないものでしょう。

 

人生って修業のように自分を鍛えるためにあるのかと思いましたが、

「人生は幸福を味わってこそ意味がある」みたいなことも祈祷師先生は仰っていました。

要は、人生を一生懸命前向きに歩めば幸せになるということなのでしょうか...

 

 

両手で複雑な作業をしながら、脳波を送ってロボットアーム(右)を動かす(京都府精華町)

www.comfizone-japan.com Blog Feed

システムフロアーの床下にセルロースファイバーを吹込みました(Ⅱ)   Paradise♪ (水, 15 5月 2019)
>> 続きを読む

隣人から贈り物、蘭   真珠のピアス♪ (Sat, 04 May 2019)
>> 続きを読む

娘が校区外の中学校に転校で、感謝! Always♪ (Tue, 30 Apr 2019)
>> 続きを読む

「竹の子」で走馬灯のような想い出 Close To You♪  (Wed, 24 Apr 2019)
>> 続きを読む

DIYでセルロースファイバー防音・断熱施工!Vol.Ⅲ   アバ・メドレー♪ (Thu, 18 Apr 2019)
>> 続きを読む

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    コロボックル (金曜日, 04 1月 2019 22:41)

    遅くなっちゃいました、お疲れ様でした。
    さっそくブログを読んで、「ほ~・・・そうなんだ~」と思いつつ、もしも150歳まで生きるとしたら、生活習慣病を改善し、コレステロールを下げ血管をやさしく労わらないと、いけないし・・
    「う~ん」と、うなっちゃいました。
    まあ私なら、授かった命だし、健康寿命があるうちに人生を全うできたらいいな・・・と思っていますよ。
    洋子さんは、どう感じていますか?
    ところで今日の新年会は、おいしい料理で会話も楽しかったので、まずまずOKでしたよ。
    では今夜も暖かく休みましょう。
    おやすみなさい(^^♪

  • #2

    柳田洋子 (金曜日, 04 1月 2019 23:42)

    お帰りなさいませ。お疲れなのに読んで頂いてありがとうございます。
    私も150はちょっと...綺麗ならいいんですけど、う~ん。
    会社案内に私のおばあちゃんの写真が載ってたらおもしろいかも...いえ、ブーイングですね。
    ホントは旦那が顔を載せたいと思ってるだろうな。大学の時も演劇とかやってて出るの好きなんですよ。私は苦手。^^v
    ところでコロボックル様は結構大丈夫な気がするんですよ。血管はちょっとなんだけど...
    コロボックル様は天然だから、かわゆいおじいちゃんでみんなに可愛がられると思いますよ。
    それはそうと新年会も楽しそうでよかったですね。
    昔、友人が二次会のパブで「貴方の電話番号教えて♡」とホステスさんにこっそり言われたらしくて、しょうがないんで別の同僚の電話番号を教えたんですって。そしたらそのホステスさんが本当に電話しちゃって大変だったようです。奥様の手前もねぇ、見覚えないし...
    お茶目な友人でしょう?
    ゆっくりお休み下さいね。

  • #3

    コロボックル (土曜日, 05 1月 2019 16:35)

    お疲れ様でした。
    今朝は、もう眠くて仕方なかったのですが、ブログの「二次会のパブで「貴方の電話番号教えて♡」とホステスさんの話で、もうおかしくって、おかしすぎて・・・・死にそうでした。
    正月から、こんなに笑えるなんて幸せ者です・・きっと、いい一年になりそうです。
    お茶目な友人で、幸せ者ですね~
    ところで、ご主人、大学時代に演劇されていたのですね。。
    ミュージカルショーみたいな感じだったのかな~・・・すごく観覧したかったです。
    近隣に、ミュージカルされる人がいなかったから興味があります。
    そ・れ・と、社長の洋子さんの横顔、素敵ですよ。
    おばあちゃんいなっても人気の的かもね!
    では今夜も暖かく休みましょう。
    おやすみなさい(^^♪

  • #4

    柳田洋子 (土曜日, 05 1月 2019 18:46)

    こんばんは。^^
    誘惑ってあるんですね。でも自分の電話番号を教えなかった事はえらい!うちの旦那だったら教えちゃいますもん、悪いからって...
    友人は自制心があったという事でしょうか。その自制心ってあとにお話ししますけど大事なんですって。
    あ、そういえば旦那が、若い時はちょっとはモテたのに、今全然と...
    もう箸にも棒にも掛からなったらしくてね。コロボックル様はいかがです?
    ところでその旦那、大学の時にちょっと劇団四季のぼっこのような感じですが英語でメイクをして演劇をしてました。だから人に披露するのとか好きだと思います。それにじっとしてませんね、いつも動いてる。明るいんでしょうね。私と正反対です。
    コロボックル様のお宅も正反対な感じありますかねぇ...