世田谷のお家の断熱施工が無事終了しました。!    ウーマン・ニーズ・ラブ♪

YouTubeよりコピー

 

昨年の4月初旬、世田谷のお施主様のメールは突然やって来ました。

お施主様は、設計士さんに依頼して世田谷のお家をリフォームすることにしたのですが、断熱施工はお施主様ご自身で手配するとおっしゃったようです。

 

そして断熱施工の白羽の矢が立ったのは、嬉しいことに「相模断熱」でした。

セルロースファイバーという理想の断熱材に惚れこんで顧客目線でコスパの高い施工を目指してきた成果だと思いました。

 

メールを受け取って間もなく、お施主様はご相談のために私のショールームへお越しになり、ご家族がお家で快適に暮らせるようにしたいとの思いが嬉しい程伝わってきました。

 

後日、設計士さんから頂いたリフォームの工程表を踏まえ断熱施工を組み込んで頂くために、設計士さんを交えて改めてお施主様とすり合わせして、さあ施工開始です。

といってもリフォームの準備や書類申請などもあり施工を開始したのは半年後の去年の11月でした。

 

去年11月から今年1月の期間、5日間にわたりセルロースファイバーの断熱施工が始まり1月10日にセルロースファイバーの吹込み施工は終了しました。

 

リフォームの進捗に合わせて、床下の断熱から始まり、次に屋根成りに、最後は壁を断熱施工しました。

 

以下は施工箇所の作業の様子です。

 

(床下断熱)

床下をセルロースファイバーで断熱施工するには、狭い床下に潜り込んでの作業となります。

そこで、お手製の四輪付き寝板が大活躍しました。

寝板に仰向けになり不織布をエアータッカーで張っていきますが、エアーが床下の埃を巻き起こして大変なようでした。次からは集じん機で埃を取る工程を組み入れる必要があると反省しました。

次に、ピーンと張った不織布に切り込みを入れてセルロースファイバーをしっかり吹き込みました。

切り込みは不織布の端切れとタッカーで綺麗に塞ぎました。



 

(屋根成り断熱)

屋根成りの断熱も床下と同様に不織布を張り、セルロースファイバーを吹き込みました。

複雑に入り込んだ筋交いや隅の狭い箇所に不織布をしっかり張るのが大変だったようです。

今回は屋根成りに加えて天井裏にもセルロースファイバーを吹き積もらせたので、特に真夏の灼熱の太陽光線で発生する屋根からの輻射熱を大幅に低減できると思います。

中央部は床板が張られていますが、その周りはセルロースファイバーがむき出しなのでお施主様はDIYで少しずつ床板を張っていくようです。

不織布とハンドタッカーで床板を張る前のカバーとしてお役に立てればと現場スタッフの判断で、不織布のロールを屋根裏に置いて来たようです。えらい!

 



 

(壁断熱)

壁にホールソーで穴を開けてセルロースファイバーをしっかり吹き込んでいます。

高密度でセルロースファイバーを吹き込むと断熱性もさることながら防音性能も格段に上がります。合わせて調湿・防カビ・防虫・防炎の機能性を各部屋の壁が担うことになり、結果、壁内結露を大幅に低減して健康住宅と長寿命住宅を実現させることができます。




 

最後は、しっかりお掃除しておしまいです。

 

今回も多少の現場対応案件があったようですが、無事終了出来て良かったです。

 

お施主様、設計士様、現場の大工さん達、ありがとうございました。

 

そして「相模断熱」チーム、

お疲れさまでした。

 

www.comfizone-japan.com Blog Feed

台風19号と小さな別荘計画 Vol. 1     あなた♪  (木, 17 10月 2019)
>> 続きを読む

熱波が当たり前になる日  バッハ:ヴァイオリン協奏曲 第1番♪ (Thu, 26 Sep 2019)
>> 続きを読む

最高の睡眠(スタンフォード式) ジョニィへの伝言♪ (Tue, 17 Sep 2019)
>> 続きを読む

人生が変わる最高の呼吸法Ⅱ(腹圧呼吸)フィーリング♪ (Thu, 29 Aug 2019)
>> 続きを読む

人生が変わる最高の呼吸法Ⅰ(腹圧呼吸)リバーサイド ホテル♪ (Sat, 17 Aug 2019)
>> 続きを読む

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    コロボックル (火曜日, 15 1月 2019 21:04)

    こんばんは。
    就眠する前に、もしかしてとブログを見たら、入ってるじゃないですか。
    嬉しかったな~
    何枚もの写真見させて頂きましたよ。
    狭い床下に潜り込んでの作業と真っすぐな作業で、素晴らしい仕上がりですね。
    お施主様、設計士様、現場の大工さん、「相模断熱」チーム本当に、お疲れさまでした。
    新年早々、嬉しい報告ですね。
    立派です。

    今夜は、楽しい夢を見れそうです。
    おやすみなさい(^^♪




  • #2

    柳田洋子 (火曜日, 15 1月 2019 21:41)

    コロボックル様、そんなに喜んでもらえてとっても嬉しいです。
    お施主様も何軒目かのおうちで、断熱などに関してもよく学ばれておりました。
    そんな方に選んで頂いて光栄に思っております。

    お話し変わりますが、もう寝ちゃうんですか~? 
    まぁ私もお布団をかぶれば、10秒ぐらいで眠りに入りますからね。
    お互い若いけれど疲れてるんですかね。あ、寒い時って眠いらしいな。
    私も今晩はなるべく早く休ませてもらいます。
    あす、北里でプチ手術です。
    どうもありがとうございます。^^v

  • #3

    コロボックル (水曜日, 16 1月 2019 19:01)

    お疲れ様でした。
    ブログは何度見ても、素晴らしいの一言ですね。
    これからのブログも楽しみです。
    夕べは、メチャクチャ眠くて21時30分にはベッドでしたよ。
    おかげで4時に起きちゃって、それからネット見たり・・・長い一日でした。

    北里のプチ整形・・・どこのプチ?
    治すところのない、完全体の洋子さんなのに不思議ですね~
    洋子さんがプチなんて言ったら世界人口の40億人が整形しなくちゃ外出できないぞ~
    後で、教えてくださいね。

    じゃあ、今夜も風邪に用心して暖かく休みましょう。
    おやすみなさい(^^♪

  • #4

    柳田洋子 (水曜日, 16 1月 2019 20:45)

    いつもコメントありがとうございます。^^
    コロボックル様、9時台に寝るなんて子供じゃないですか。
    でも私も傷をしているからかなんだか眠い。体がゆっくりしてくれと言ってるのかしら?

    それというのも、今日は形成外科(整形でありません)のプチ手術を受けてきたんです。
    顔じゃないんです。
    外来の看護師さんに案内されて4Fの手術室に入ったのは午前10時ごろ。
    笑顔いっぱいの看護師のAさんが迎えてくれました。
    若かりし頃の大橋純子似の気配りの行き届いた手術室専属の看護師さんで(20代後半ぐらいかな)、北里スタンダードといった感じです。(北里では、医師や看護師の方をはじめ事務の方までそうなんです)

    麻酔の注射は痛いですと聞いてたけど、やっぱり痛くてびっくり!
    ただね、麻酔の注射針を何本も刺されてる最中、タオルをかけられているので顔はわからないけど、血圧測定器を人差し指に挟んでる私の手の先をぎゅぅ~っと握ってくれてる人がいて、どうもそれがAさんのようでした。
    その手で痛みも我慢出来ました。こんな事あるんだな。

    ちょっと怖かったんですけど、プチっとできたオデキを手術で無事取り除きました。
    その看護師さんは、明日からはシャワーを浴びていいとおっしゃいました。
    明日は消毒しにまた北里です。
    コロボックル様も頑張って下さい。

  • #5

    コロボックル (木曜日, 17 1月 2019 19:45)

    お疲れ様でした。
    痛みは、いかがですか?
    形成外科のプチ手術だったのですね・・・・早とちりしていました。
    写真の洋子さんは、手の入れようが無いのに変だな~とは思っていましたが、可愛い「ニキビ」だったとは・・・・ごめんなさいね。

    北里のスタッフは、みんな心の優しい人ばかりで良かったですね。
    接遇マナーが、しっかりしてると思います。
    今夜は、ゆっくりシャワー浴びてお休みくださいね。

    いい夢を!おやすみなさい(^^♪

  • #6

    柳田洋子 (木曜日, 17 1月 2019 20:11)

    そんなそんな、ニキビを切って取るわけないじゃないですか~
    今日消毒で行ってきました。
    ふと片手に持った受付表の柳田洋子様という字を見てたら、「私、この木へんをいっぱい書いてきたんだわ」と変な事に感慨深くなってしまいました。笑っちゃうでしょう。でもなんか涙が出てきて...きっと痛かったから大粒の涙が出てきたんでしょう。

    帰りはお薬を頂きに守衛室を横目に横断歩道を渡って薬局へ...
    この守衛室は大学がこちら側にあった時も同じ位置でしたね。
    今はこの守衛室の辺りが大学病院の正門になってます。
    いつもありがとうございます。^^