DIYで調湿・防音・断熱施工!(調湿編)   春の予感~_I’ve been mellow ♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚。:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

YouTubeよりコピー

 先日、静岡のお客様からセルロースファーバー13㎏/袋を10袋ご注文頂きました。

今年の一月に1袋お送りしていたお客様で今回は追加のご注文でした。

ホームページ経由のメッセージには、私が師事する故・山本順三先生の著書を読まれたことやお客様がDIYで少しずつ施工していくご予定であることなどが綴られていました。

 

セルロースファイバーは木質繊維を綿上にほぐして熱伝導率の一番低い気体(空気)をたくさん含んだ断熱材です。(ですから、DIYで施工の際は撹拌機などでフカフカにほぐした方が良いです。)

また、半永久的に効果を発揮する揮発性でない自然鉱物(ホウ酸)を20%ほど混ぜることで木質繊維なのに高火力のバーナーで燃やしても炭化するだけで燃焼しませんし、石油系のウレタン発泡断熱材のように有毒な青酸ガスを発生しません。

 

塩より人体に害の少ないホウ酸は、カビの発生を抑えゴキブリなどの害虫を寄せ付けない弱酸性効果も半永久的に発揮します。(最近は防蟻剤として木造住宅の基礎部分にホウ酸を噴霧する業者さんもいるようです。)

 

でも、何といってもセルロースファイバーの一番の特徴は、自重の13%程の水蒸気(水換算の重さ)を調湿できることです。

例えば、私のショールームには約3,000㎏のセルロースファイバーが外壁と間仕切壁、1階・2階の各天井裏に吹き込まれているので、約390㎏の水蒸気(水換算)を家全体で調湿できます。

 

390㎏の水はお風呂約2杯分に相当し、それだけの水が蒸発した水蒸気を調湿できることになります。

だから、料理やお風呂で水蒸気が多量に室内にこもり、寒さの厳しい真冬の冷たい窓ガラスに多少の結露が一時的に発生したとしても、セルロースファイバーがゆっくりと結露を吸収してくれるので、木材が腐ったり鉄が錆びたりするほどの長期間の結露にはなりません。

それどころか、セルロースファイバーで調湿された適度な湿気が家屋の木材を長持ちさせてくれます。

 

セルロースファイバーの秀でた調湿機能で家屋の寿命が数倍に伸びることは、家計にも有難いことですが、私的にはセルロースファイバーの断熱&蓄熱効果で室内の快適さが一年中保たれるのが何よりも有難いと感じています。

 

一昨年の12月から去年の12月まで一年間、室内外の温度差と湿度差を計測してきましたが、セルロースファイバーが室内の温度と湿度を調整してくれたので、風邪もひかずお肌にとても良いと実感しました。

 

余談ですが、昨日は山口県のお客様からセルロースファイバー1袋のご注文頂きました。

セルロースファイバーをDIYで敷設する小さな輪が日本中に広がって行くといいなと思います。

 

 

昨年暮れから今年1月にかけて屋根なりと屋根裏にセルロースファイバーを2重に吹き込んだ世田谷のお家の画像です。

 

先日様子をお伺いしたところ、快適な冬を過ごされたとのことでした。

 

これから暑い夏がやってきますが、セルロースファイバーの恩恵を冬場より享受できると思います。

www.comfizone-japan.com Blog Feed

屋根の下ぶき防水シートにご注意!⑥(改訂版) セルロースファイバーの調湿力(最終回)Come Undone♪ (木, 11 7月 2024)
>> 続きを読む

屋根の下ぶき防水シートにご注意!⑤(改訂版) 大切な家を長持ちさせるには、結露状況に応じた対応が肝要! 精霊流し (Mon, 08 Jul 2024)
>> 続きを読む

屋根の下ぶき防水シートにご注意!④(改訂版) 豪雪地帯でも防水シート/防湿フィルムはNG! Blizzard♪ (Sun, 30 Jun 2024)
>> 続きを読む

屋根の下ぶき防水シートにご注意!③(改訂版)セルロースファイバーは結露となる水蒸気を余裕で吸湿 愛の炎♪ (Thu, 27 Jun 2024)
>> 続きを読む

屋根の下ぶき防水シートにご注意!②(改訂版)夏は防湿フィルムが結露製造膜になる!そしてさよなら♪ (Tue, 25 Jun 2024)
>> 続きを読む