「ほたて漆喰ライト」の消臭効果 (うちのリビングも)Go To The River♪

2017年6月15日付けブログで報告したように、私のショールームのフローリングは無垢杉を全面に使っています。6畳分くらいの杉板が余ったのでセルロースファイバーと一緒に倉庫で保管しているのですが、杉板を使ってDIYしようと今日倉庫に行ってきました。

 

倉庫のドアを開けると癒し効果がある杉の「フィトンチッド」のほのかな香りがプゥ~ンと漂ってきたのですが、そういえば私のショールームはその20倍位杉板を使っているのにフィトンチッドの香りがしないのです。

 

原因は直ぐにピィーンときました。消臭効果の高い「ほたて漆喰ライト」です。

 

壁、天井、トイレ、ワードローブの中など、お風呂やへーベルのくくりつけの部分以外はホタテの貝殻を粉にした漆喰を左官塗りしているので、ポメのフクちゃんの匂いも全く気になりません。でも杉の香りがしないのだけは計算違いでした。

 

たとえ杉の香りがなくても、ホタテ漆喰が発するマイナスイオンによる癒し効果は抜群です。私は15秒で寝入るたちですが、寝つきの悪かった旦那もお布団に入ると直ぐ寝入るみたいです。

 

また、近所の猫が時々花壇に糞をするのか、たまぁ~に窓からハエが入ってくることがあるのですが直ぐに出て行ってしまいます。去年の夏は、蚊取り線香をつけなくても蚊にさされませんでした。不思議です。

 

ハエや蚊などの害虫は腐ったものや生活環境で発生するプラスイオンが好きで、ホタテ漆喰で発生するマイナスイオンは嫌いなようです。

 

「ほたて漆喰ライト」で左官塗りした私のショールームです。

 

無垢杉フローリングの厚みは25mmです。

 

本当は30mm厚にしたかったのですが、へーベルハウスの仕様上25mm.がMaxでしたので、群馬の原製材所さんに特注しました。

 

上の写真の右側の壁です。

ショールームのメインとなる壁なので、特に念入りな紋様「スパニッシュ」を塗っていただきました。

 

モダンな感じでいいなと思いました。

ほたて漆喰ライト」の袋の山です。

ショールーム用として80袋発注しました。

 

室内外の温度差の大きい北海道は結露や、屋根の雪解け水の浸水が発生し易い家屋内環境にあると言われています

 

製造元であるあいもり㈱さんは、その北海道で15年以上にわたりホタテ漆喰を販売してきました。機能性の高さがうかがい知れます。

YouTubeよりコピー

www.comfizone-japan.com Blog Feed

今日のつぶやき &2018年12月14日(金)室内外の気温差と湿度差 たそがれマイラブ♪ (金, 14 12月 2018)
>> 続きを読む

今日のつぶやき &2018年12月13日(木)室内外の気温差と湿度差 たそがれマイラブ♪ (Thu, 13 Dec 2018)
>> 続きを読む

今日のつぶやき &2018年12月12日(水)室内外の気温差と湿度差 愛が生まれた日♪ (Wed, 12 Dec 2018)
>> 続きを読む

今日のつぶやき &2018年12月10日(月)室内外の気温差と湿度差 クリスマスキャロルの頃には♪ (Mon, 10 Dec 2018)
>> 続きを読む

今日のつぶやき &2018年12月9日(日)室内外の気温差と湿度差 Back Street Baby♪ (Sun, 09 Dec 2018)
>> 続きを読む