· 

(施工事例)川崎市の新築物件 断熱施工Vol.Ⅲ屋根裏編 あなた♪

YouTubeよりコピー

 

川崎市で建設中のお家の断熱施工に続き、3回目最終レポートは屋根裏へのセルロースファイバー吹き込み施工です。

4日間の施工最終日は、屋根なりに貼る不織布の残り1/3とセルロースファイバー吹き込み、及び吹込み穴を塞ぐ作業と清掃です。

 

これでこのお家は床下、壁、天井裏と外気に触れる外側は全てセルロースファイバーで断熱されたので防音、蓄熱も素晴らしいと思います。

なにより、調湿するので過剰な結露が発生せず上質な無垢材で造られたこのお家は長持ちするでしょう。

おまけに、セルロースファイバーはバーナーで燃やしても炭化するだけで燃えないので防炎効果も抜群です。

 

セルロースファイバーは、ウレタン断熱材のように不完全燃焼で猛毒の青酸ガスを発生するようなことはありません。

写真ではそれ程大きくないお家なのに「一酸化炭素中毒で逃げ遅れて焼死」と新聞記事で見ることがありますが、実際はウレタンが不完全燃焼時に発生する青酸ガスで全身がマヒして、動けなくなり焼死すると言われています。

 

 

屋根なりに、不織布を貼り終わりました。

(画像左上)

約20㎝厚でキツキツに吹き込むので、夏の炎天下でも室内は快適に過ごすことができると思います。(画像右上)

吹込み穴からはみ出たセルロースファイバーが見えますが、この後不織布で塞ぎます。(画像左)

 


www.comfizone-japan.com Blog Feed

DIYで巨大ドームハウス!Vol.Ⅴ-2(EX部壁を吹込み施工)Guaranteed ♪ (土, 24 9月 2022)
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚。:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ YouTubeよりコピー   今回は、2022年8月21日付けブロブ「DIYで巨大ドームハウス!Vol.Ⅴ(未曾有編)」でご紹介したDIY施工経過報告の第二弾です。   去年の7月に相模断熱のホームページからお問い合わせ頂いたお客様が、3階建て程もある巨大ドームハウスを富士山麓にセルフビルドで建築されており、なんと1トン以上のセルロースファイバーの吹込み施工もDIYでされます。   ドーム外装の被膜施工がまだなのでブルーシートを被せておられますが、先日の台風14号の時はオーストラリア人の旦那様とイケメンの息子様方が強風で動いたブルーシートを1日に何度も直し大変だったそうです。     それでも、セルフビルドで建てたお家はメンテナンスも主導的に対応でき、なによりもご家族で一致団結して建てたお家への愛着は半端ないと思います。       今日も台風15号の大雨がピークを迎えたようなので大変だったのではないかと心配です。 お施主様がDIYで建設して良かったと思えるよう、相模断熱も微力ながら応援します。   以下は、お施主様のご好意でお送りいただいた画像です。 で、セルロースファイバーの断熱施工の状況は...    お施主様の息子様方がEX部(ドーム横から突き出たトンネル状のエクステンション部分)の両壁に、セルロースファイバーの吹込み施工をされたとのことで下の画像を送って頂きました。   不織布がしっかり縁止めされ、セルロースファイバーの吹込み穴も綺麗に塞いでおられるパフォーマンスに脱帽です。
エクステンション部の左右の壁は室内側に傾斜してるので、不織布を床部近くに貼る際エアータッカーでは打込み角度の関係で難しいため、息子様方はハンマータッカーとゴムハンマーで器用に貼っておられます。 ご不明点などございましたら、何なりとお聴きくださいね。
下の動画は、エクステンション部分の両壁に不織布を貼る前のものです。(ご参考)
>> 続きを読む

清里高原のペンションに一泊!Vol. Ⅱ「まきば公園と清泉寮&萌木の村」白い色は恋人の色 ♪ (Fri, 23 Sep 2022)
YouTubeよりコピー 今回は、先日9月20日付けブログ「清里高原のペンションに一泊!Vol. Ⅰの続編Vol. Ⅱです。   私は清里に旅行する度に毎回同じコースを辿るのですが、都度新しい発見が有り飽きません。 2年前のブログ「萌え木の村「清泉寮」「まきば公園」を読み返すと天気まで今回と同じような曇天だったのですが...   約40年前からスタートした「萌木の村」プロジェクト。 下の画像は同プロジェクトを主導した船木上次社長経営の人気のカレーハウス「ROCK」です。 東京辺りから中央道を飛ばして食べに来るお客さんもいて、やみつきになるのだとか... 私は相模ナンバーですが、お隣の車は「つくば」ナンバー。   カレーと言えば、私は疲れた時はゴロゴロ具沢山のローリエカレーを作ります。 月桂樹(ローリエ)の葉を入れると、プロ並みの美味しいカレーがちょちょいとできるからです。 ローリエを育てているので、煮込む時に数枚取りに行ってポンと入れます。   それにしても、日本のカレールーって完成度が高いですね。 カレーライスを食べに来日する外人さんもいるそうです。   清里定番の「清泉寮」、向こうには雲に隠れた八ヶ岳連峰。    地元で人気ナンバーワンの「山梨県立まきば公園」、向こうに見えるのは南アルプスかな?   私のブログで以前紹介しましたが、八ヶ岳高原ラインの赤い「東沢大橋」。 綺麗に撮れました。対照色の赤が冴える! 下を見ると怖いほどの渓谷で、足がすくみそう。   台風14号が九州付近を通過している頃、ペンションをチェックアウトし早朝に訪れた「萌木の村」 若いスタッフが歩道の落ち葉を一生懸命掃除してました。 このメルヘンチックな緑は何度行っても飽きません。 左は猫グッズのお店「ル・シャ・デ・ボア」
>> 続きを読む