· 

清里高原「萌木の村南ゲート」と松原湖 You Needed Me♪

💓

YouTubeよりコピー

これは女性の失恋を歌った曲。  女の人は1つや2つ、失恋したほうが素敵な気がします。

今年も私の大好きな清里高原に行って来ました。

 

2021年9月28日のブログでご紹介したように、感慨深い旅にしてくれたペンション「ドライブ気分」に巡り合い、私としては珍しく観光のレポートが二番目になってしまいました。

 

それ程、「ドライブ気分」は魅力的でした。

天体大好きのオーナーと気さくでお料理好きの奥様が運営する昭和の香りのするペンション、美味しい欧風コース料理もさることながら、オーナーご夫婦のホスピタリティ満載の思い出深い旅になりました。

 

で、今回の観光コースは...

 

(初日観光)

清里の清泉寮萌木の村「南ゲート」→滝見の丘(下の動画)

 

(二日目観光)

松原湖→帰途

 

今年初のぶらり旅も清里高原がメインで、松原湖や道の駅っぽい地元のお店を+αで楽しむ感じでした。

でも、おまけもなかなか魅力的です。

相模原を早朝に出発し、前回同様ひんやりと朝の清々しさの残る清里に午前11時頃到着。

代わり映えのしない旅の始まりでしたが、今回は清泉寮の牧場の上でノ~ンビリ時間を過ごしました。

 

ちょっと寒くなったので木のベンチにマットを敷いてストールを羽織り、八ヶ岳連峰をずぅ~っと眺めてました。


いい加減八ヶ岳の山影が目に焼き付いたので、清泉寮を下った国道入り口付近に有る「萌木の村」へ。

今回は、いつもの北ゲートでなく南ゲートに車を駐め「オルゴール博物館」や「紙わざの店」などを見て、北ゲート方面に移動するコース。

 

こちらは南ゲートを入って直ぐ左にある「紙わざの店」です。

 

お店の奥で女性の方が作品を作ってました。

お聴きすると、ペーパークラフトは独学だとか。

ナイフはあまり使わず、通常は普通のハサミを使うそうです。

 

それにしても、こんなに細やかなペーパークラフトを普通のハサミで切れるの?と驚くばかり!

下の作品は圧巻でした。


こちらは南ゲート正面奥の「オルゴール博物館」。


 

 

内階段を上って中二階はオルゴール博物館、半地下へ降りるとオルゴール販売店になってました。

 

千円前後のオルゴールから何百万円もするものまで、多種多様な素敵な品が販売されてました。

 

さらに地下1階へ降りると楽器?が展示されてるようでした。

(画像はありませんが...)

 


 

余談ですが、右の画像はオルゴール博物館の左隣、小さなガーデンカフェ「フェアリーテイルズ」です。

 

小さな建屋の両脇に、大きな木が生えている様が目についたので思わず撮っちゃいました。

 

ピーターラビットが今にも草陰から出てくるような、そんな感じ...

 

そういえば、私の夢はブログに書いたように、森の中に半地下の小さなお家を建てて自然を愛でることなんです。

 

もちろん、セルロースファイバーで断熱と防虫・防音をしっかり施し、窓はハッチタイプの三重ガラス窓を使用するので、半地下の地熱と相まって一年中快適。

 

私の半地下の小さな別荘は、両脇を大きな木に囲まれた、こんな感じに建てたいと思いました。

 

 


 

 

 

「萌木の村」南ゲートから北ゲート方面に移動し、いつもの猫の店「ル・シャ・デ・ボワ」に寄りました。

 

入り口脇の無垢の木ベンチに寝そべる子猫ちゃん、これ粘土です。

 


 

長い石畳の小道奥にあるのは、私の大好きなマニーローズの陶磁器が豊富なお店「メイフェア」。

マニーローズはもう生産中止になったので、これらは貴重品です。

 

デフォルトなローズ柄と、軽いけど肉厚のぽてぽて感がカントリーチックでいいですね。(上段の右から2番目のキャニスターや、2種のティーポットがかわいい)

 

その他、ビンテージもののテディーベアや、好みの香りをブレンドしたオリジナルアロマの販売もしてくれます。(写真では小さく見えますが、3階まである洋館なんです)


 

萌木の村の奥にある、散歩コース終点が「滝見の丘」です。

そこからの眺めが下の動画。

遠くの滝なのに、マイナスイオンがほとばしる音がここまで聞こえます。

 

ペンションに向かう途中に寄った松原湖。

黄昏時のせいか、数年前に来た時より寂しげでした。う~ん、でも素敵...

www.comfizone-japan.com Blog Feed

地下一階の防音室をセルロースファイバーで補強! 美人薄命♪ (金, 17 6月 2022)
YouTubeよりコピー コロナ禍も峠を越したかと思えば、今度はサル痘ウイルスやロシアによるプーチンの侵略戦争と、人類に対する不安要素は事欠かない昨今です。   そんな中、不謹慎かもしれませんがセルロースファイバーに対する関心が増しているように感じられることは嬉しい限りです。 リモートワークや外出自粛を経験した方々が、マイホームの断熱・防音・調湿・蓄熱・防虫・防カビ等の機能性に目覚め、セルロースファイバーを検討する方が増えているのかなぁ~と思いました。   さて、今回は神奈川県大和市の外資系企業ご勤務の若いお施主様の防音施工をご報告します。 新築のお家の地下室2部屋の内一室を、防音施工したいとのことでした。 分厚いハッチ式の鉄製防音ドアは、録音スタジオで使っている本格的なものです。 今回は地下1階の天井と、隣の部屋に面するドア側壁にセルロースファイバーを吹込みました。 天井裏は30㎝位の吹込みスペースがあり(画像下)、セルロースファイバーを7㎏/㎡で吹込みました。 ドア側壁はホールソーで石膏ボードに吹込み穴を開け、吹込み後に穴を塞ぎました。 地下1階天井裏には30㎝程の吹込みスペースが有り、不織布を張ってセルロースファイバーを多めに吹き込みました。   ドア側壁はホールソーで石膏ボードに吹込み穴を開け、吹込み後に穴を塞ぎました。(画像下) 電気配線が集中するドア上部はメンテナンスのことを考えて、ロックウールを詰めタッカーでフィルム耳を固定して音がなるべく漏れないようにしました。 セルロースファイバーを吹き込んだ後は、防音効果の高い強化石膏ボード(16㎏超/枚)をつっかえ棒の助けを借りて、二人がかりで貼り付けました。   流石ベテランの大工職人、石膏ボードのサイズもテキパキ計算してカッティング&貼り付け! お掃除もしっかりして作業は無事終了!
  《追伸》 以下の動画は、お施主様から当該ブログアップ後に送ってくれたものです。 セルロースファイバーを地下一階の天井裏に吹き込む前(左動画)と後(右動画)の様子です。
余談ですが、2017年12月15日付けブログ「防音対策でセルロースファイバー!」を、防音つながりで久しぶりに読み返しました。   今回のお施主様はベースやドラムスを地下一階の防音室に置いて演奏したいとのことでしたが、防音と音響特性はきっとご満足いくものと思います。 それにしても、温度変動が一年中少ない地下室の室内温度と湿度には驚きました。 ナマケモノ生活を具現化する私の夢「小さな半地下の家」実現に向けて、意欲がさらに湧いてきた次第です。
>> 続きを読む

住宅の断熱性能強化の動き!愛でブラジル♪ (Fri, 10 Jun 2022)
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚。:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ YouTubeよりコピー 近年は、冬でも直射日光に当たるとジリジリと紫外線が皮膚組織を刺激するほど、太陽光線が強く感じるのは私だけでしょうか? 本来なら真冬の直射日光の暖かさに幸せを感じるところでしょうけど、真夏になったら直射日光はいかほどかと、来る夏の殺人的な太陽光線の強さに不安を感じました。   そんな中、2022年5月29日付け日経電子版の記事で「住宅の脱炭素へ法改正 カギは断熱性能、健康増進もとの興味深い見出しに、私は釘付けになりました。 時代がやっと私に追いついてくれた感じです。 以下は、その抜粋です。   脱炭素社会に向けて、住宅のエネルギー消費を減らす建築物省エネ法改正案が国会で審議され、カギを握るのが断熱性能、二重窓や断熱材で省エネだけでなく、健康増進にも役立つと書かれていました。   日本住宅の断熱性能を示す等級は、これまで最も低い等級1から最も高い等級4までの4段階でしたが、本年4月に等級5を設け、10月にはさらに上の等級6と等級7を新設し、エネルギー削減率は等級4に比べ等級5は2割、等級6は3割、等級7は4割削減になるそうです。   法改正では、等級4の断熱性能を新築住宅などに2025年度から義務付け、最高だった等級4は最低ラインになりますが、欧米では同等の断熱基準は既に義務付けている国が多く、日本も遅ればせながら義務化に踏み切るとのこと。   それでも欧米の断熱性能は等級6に近く、日本はまだ緩い水準のようです。 住宅の断熱に詳しい東北芸術工科大学の竹内昌義教授によると、等級6の断熱住宅に5㌔㍗の太陽光発電を備えるとCO2の排出量が実質ゼロになり、脱炭素をめざすのなら等級6のレベルが必要だと唱えています。 省エネ住宅の動きは地方から広まっているようです。 鳥取県は、断熱住宅が地域づくりにとって重要な意味を持っているため、いち早く等級5、6、7に相当する基準を作り断熱住宅の普及を支援しています。 そのポイントの一つは健康面です。 家が寒いため、お風呂から上がって倒れるヒートショックで亡くなる人は年間1万9000人にも上り、暖かい断熱住宅であればヒートショック死を減らせるからです。 ポイント二つ目は、住宅産業は地域に根付き裾野も広いので、付加価値の高い断熱住宅をつくることは、地域経済の活性化につながるからです。 断熱住宅でエネルギーの消費量が減れば、再生可能エネルギーの地産地消で賄える余地が広がり、お金が域内で回る循環型経済に近づき、地域の持続可能性が高まると分析しています。   ロシアのウクライナ侵攻などによる資源高騰で電気料金は上昇していますが、次の冬は電力需給が逼迫し、さらに電気代がかさむことが想定されます。竹内さんは「できるだけエネルギーを使わない生活へと、考え方を転換することが大切で、今回のエネルギー危機はその転機になる」と話しています。 また、住宅の断熱性能が低いと温度差で結露とカビが発生し、ぜんそくなど万病を誘発します。 そして、より高い断熱性能住宅を求める動きは日本全国に広まっています。 山形県は、12年前に東北芸術工科大学が断熱性能の高い山形エコハウスを作ったこともあり、健康を重視した省エネ住宅に補助金を出す制度を作ったのですが、募集すると直ぐに予算枠が一杯になってしまうそうです。 つまり、良質な健康住宅に対するニーズは旺盛ということだと思います。 やはり、最も進んでいるのは鳥取県のようです。 欧米並みの断熱基準を独自につくり、国が新設した断熱等級5、6、7は鳥取県の基準も参考にしたそうです。断熱住宅をストックしていくことで街全体が住みやすくなり、太陽光発電などにより地域の持続可能性を高めることができると考えているようです。 また、長野県も健康と産業振興の両面で持続可能性を高めようと、CO2排出量を60%削減する目標を掲げ、岩手県紫波町、北海道ニセコ町なども断熱化に力を入れ始め、横浜市も鳥取県と同じ制度の導入を検討、東京都も支援に積極的になっています。 年間100万戸も新築される日本の住宅の約85%が断熱性能があり、その割合はじわじわと上がってきているそうです。 一方、6000万戸ある既存住宅の1割強は空き家ですが、残りの多くは断熱性能が乏しい暑くて寒い家のままだそうです。 断熱等級4に続き、将来的には等級5を義務化するようですが、2030年までに住宅のエネルギーを66%減らすためには、しつこいようですが等級6にしなければならないのです。 リモートワークの定着で家にいるためか、最近は住宅系のユーチューバーが増え、新築を建てようとする世代の人たちは断熱性能への関心が高まっています。 以上、日経電子版記事の要約でした。 調湿、蓄熱、気化冷却、防炎、防虫、防カビに秀でた理想の断熱材;セルロースファイバーが日本でもブレークする予感!
>> 続きを読む