· 

清里高原「萌木の村南ゲート」と松原湖 You Needed Me♪

💓

YouTubeよりコピー

これは女性の失恋を歌った曲。  女の人は1つや2つ、失恋したほうが素敵な気がします。

今年も私の大好きな清里高原に行って来ました。

 

2021年9月28日のブログでご紹介したように、感慨深い旅にしてくれたペンション「ドライブ気分」に巡り合い、私としては珍しく観光のレポートが二番目になってしまいました。

 

それ程、「ドライブ気分」は魅力的でした。

天体大好きのオーナーと気さくでお料理好きの奥様が運営する昭和の香りのするペンション、美味しい欧風コース料理もさることながら、オーナーご夫婦のホスピタリティ満載の思い出深い旅になりました。

 

で、今回の観光コースは...

 

(初日観光)

清里の清泉寮萌木の村「南ゲート」→滝見の丘(下の動画)

 

(二日目観光)

松原湖→帰途

 

今年初のぶらり旅も清里高原がメインで、松原湖や道の駅っぽい地元のお店を+αで楽しむ感じでした。

でも、おまけもなかなか魅力的です。

相模原を早朝に出発し、前回同様ひんやりと朝の清々しさの残る清里に午前11時頃到着。

代わり映えのしない旅の始まりでしたが、今回は清泉寮の牧場の上でノ~ンビリ時間を過ごしました。

 

ちょっと寒くなったので木のベンチにマットを敷いてストールを羽織り、八ヶ岳連峰をずぅ~っと眺めてました。


いい加減八ヶ岳の山影が目に焼き付いたので、清泉寮を下った国道入り口付近に有る「萌木の村」へ。

今回は、いつもの北ゲートでなく南ゲートに車を駐め「オルゴール博物館」や「紙わざの店」などを見て、北ゲート方面に移動するコース。

 

こちらは南ゲートを入って直ぐ左にある「紙わざの店」です。

 

お店の奥で女性の方が作品を作ってました。

お聴きすると、ペーパークラフトは独学だとか。

ナイフはあまり使わず、通常は普通のハサミを使うそうです。

 

それにしても、こんなに細やかなペーパークラフトを普通のハサミで切れるの?と驚くばかり!

下の作品は圧巻でした。


こちらは南ゲート正面奥の「オルゴール博物館」。


 

 

内階段を上って中二階はオルゴール博物館、半地下へ降りるとオルゴール販売店になってました。

 

千円前後のオルゴールから何百万円もするものまで、多種多様な素敵な品が販売されてました。

 

さらに地下1階へ降りると楽器?が展示されてるようでした。

(画像はありませんが...)

 


 

余談ですが、右の画像はオルゴール博物館の左隣、小さなガーデンカフェ「フェアリーテイルズ」です。

 

小さな建屋の両脇に、大きな木が生えている様が目についたので思わず撮っちゃいました。

 

ピーターラビットが今にも草陰から出てくるような、そんな感じ...

 

そういえば、私の夢はブログに書いたように、森の中に半地下の小さなお家を建てて自然を愛でることなんです。

 

もちろん、セルロースファイバーで断熱と防虫・防音をしっかり施し、窓はハッチタイプの三重ガラス窓を使用するので、半地下の地熱と相まって一年中快適。

 

私の半地下の小さな別荘は、両脇を大きな木に囲まれた、こんな感じに建てたいと思いました。

 

 


 

 

 

「萌木の村」南ゲートから北ゲート方面に移動し、いつもの猫の店「ル・シャ・デ・ボワ」に寄りました。

 

入り口脇の無垢の木ベンチに寝そべる子猫ちゃん、これ粘土です。

 


 

長い石畳の小道奥にあるのは、私の大好きなマニーローズの陶磁器が豊富なお店「メイフェア」。

マニーローズはもう生産中止になったので、これらは貴重品です。

 

デフォルトなローズ柄と、軽いけど肉厚のぽてぽて感がカントリーチックでいいですね。(上段の右から2番目のキャニスターや、2種のティーポットがかわいい)

 

その他、ビンテージもののテディーベアや、好みの香りをブレンドしたオリジナルアロマの販売もしてくれます。(写真では小さく見えますが、3階まである洋館なんです)


 

萌木の村の奥にある、散歩コース終点が「滝見の丘」です。

そこからの眺めが下の動画。

遠くの滝なのに、マイナスイオンがほとばしる音がここまで聞こえます。

 

ペンションに向かう途中に寄った松原湖。

黄昏時のせいか、数年前に来た時より寂しげでした。う~ん、でも素敵...

www.comfizone-japan.com Blog Feed

セルロースファイバーの限界? 愛が止まらない♪ (火, 12 10月 2021)
YouTubeよりコピー ブログテーマ「調湿、結露、防カビ、防虫で、セルロースファイバーの調湿性能を自信を持って喧伝してきた私ですが、あるお客様から最上階の北側壁内に吹き込んだセルロースファイバーが結露で湿った状態になっているとお聴きしてショックを受けました。   その方も、セルロースファイバーの大ファンで、3階建てのご自宅の壁や天井に5~10㎝の厚みでセルロースファイバーを吹き込まれたのですが、3階北側の壁内のセルロースファイバーが結露で湿った状態になっているとのことでした。   外壁サイディングの裏側は透湿防水シートのタイベックが張られていますが透湿しない外壁サイディングが直貼りされているので外壁側は防水シートを張っているのと同じ透湿しない状態です。 一方室内側は、室内壁石膏ボードはビニールクロスを剥ぎホタテ漆喰を上塗りし透湿性はある程度確保していると思われますが、北側壁内のセルロースファイバーは乾燥し辛い状態にあるようです。   湿った下階の湿気が上昇し長時間の冷房で冷えた3階壁裏に結露、それを毛細管現象を有するセルロースファイバーが吸収し湿ってしまったのでしょう。 そして、乾燥速度が結露量に追いつかず、日光が当たらない北側壁内セルロースファイバーだけが乾燥できないで湿ったままなのだと思います。   お聴きすると、2×4材で組まれたFRP製屋上の天井裏には約10㎝の隙間しかなく、元々約5㎝厚のロックウールが張られていたので、隙間にセルロースファイバーを5㎝程度の厚みで吹き込んだとのことです。   ロックウールとセルロースファイバーによる約10㎝厚の屋上裏断熱では太陽の輻射熱を防ぐには不十分なので、湿気の溜まりやすい最上階なので冷房でなくドライと除湿器まで付けていたそうです。 ドライでも長時間の稼働は悪条件がそろうと過剰な結露が発生するようです。   その悪条件とは、透湿しない外壁(今回はモルタルサイディング)のコーキングされた繋ぎ目等の隙間から外気の湿気が無尽蔵に外壁壁内に押し寄せ結露が長時間にわたりタイベックシート室外側に発生したのでしょう。   結露は、透湿性のタイベックシートを通過して毛細管現象を有するコンフィゾーンのセルロースファイバーが吸収しますが、外壁が極端に乾燥し辛いと、セルロースファイバーと言えども結露で湿った状態になることを知り、私は正直ショックを受けました。   でも一方で、対応策を考える良い機会を与えて頂いたと感謝しました。   その対策は、屋上裏のセルロースファイバー断熱層を20㎝以上の厚みにして、屋上裏天井に十分な透湿性を持たせればセルロースファイバーの気化熱効果で遮熱するので冷房・ドライは長時間付けなくても3階の窓を開けて扇風機の風で涼を取ることができます。 で、3階北側壁内セルロースファイバーの湿気は徐々に取り除かれる(乾燥して行く)でしょう。   雨と直射日光が部屋に入って来るような時は、窓やシャッターを閉めて「冷房」にすると直ぐ効いて 数時間の稼働で十分です。 上述のようにドライモードでも長時間の稼働だと壁内が冷え壁内で結露しますので、冷房・ドライの長時間稼働が要らなくなる屋根・屋上裏断熱が要だと思います。   部屋内の湿気はドレインで強制的に排出されるので、長時間の稼働時に結露が発生する「冷房」に対して「ドライ」の場合は壁が冷えても比較的結露し辛いと思います。 ただし、外壁裏の防水シートの隙間などから外気の湿気が侵入する可能性が大きいので、ドライモードでも長時間の稼働は禁物です。   更に、20㎝以上の厚みのある同セルロースファイバー層の上方に、通気層と2か所以上の換気スリットを設ければ、セルロースファイバーの乾燥は一層促進されると思います。   私の尊敬する故・山本順三先生が貴著の中で似たような問題提起をされていたのを思い出しました。   それは、鉄筋コンクリートの外壁と石膏ボードの内壁の間にセルロースファイバーを吹き込み、全く空気層を設けなくても室内壁の石膏ボードに十分な透湿性を持たせれば、セルロースファイバーは乾燥状態を維持できるのではないかとのことでした。   サイディング+透湿防水シートの外壁でも、サイディングのつなぎ目の隙間から外気の湿気が無尽蔵に侵入し結露する可能性が有りますが、コンクリートの外壁は湿った外気を通さないので、エアコンを長期間ドライモードで稼働するならば、湿度が低減するので冷えた石膏ボードの裏側に結露は発生しないと言うのでしょう。(湿度が低いと結露が瞬間的に発生しても直ぐ乾燥する)   でも私は、このショールーム兼自宅(屋根裏30㎝厚セルロースファイバー敷設)で暮らしている経験から、木陰程度の厚さの中で、窓を開けて扇風機で涼を取るのが一番気持ちいいと思います。 そして、それができる屋根・屋上裏をセルロースファイバーで20㎝以上断熱することをお勧めします。   追伸)セルロースファイバーが極端に乾燥できない環境でない限り冷房の稼働時間の長短はそんなに気にする必要はないこともあわせて述べておきます。   2019年1月18日付けブログ「トレーラーハウス結露実(Vol.Ⅱ)」の画像です。
>> 続きを読む

清里高原「萌木の村南ゲート」と松原湖 You Needed Me♪ (Sat, 02 Oct 2021)
💓 YouTubeよりコピー これは女性の失恋を歌った曲。  女の人は1つや2つ、失恋したほうが素敵な気がします。 今年も私の大好きな清里高原に行って来ました。   2021年9月28日のブログでご紹介したように、感慨深い旅にしてくれたペンション「ドライブ気分」に巡り合い、私としては珍しく観光のレポートが二番目になってしまいました。   それ程、「ドライブ気分」は魅力的でした。 天体大好きのオーナーと気さくでお料理好きの奥様が運営する昭和の香りのするペンション、美味しい欧風コース料理もさることながら、オーナーご夫婦のホスピタリティ満載の思い出深い旅になりました。   で、今回の観光コースは...   (初日観光) 清里の清泉寮萌木の村「南ゲート」→滝見の丘(下の動画)   (二日目観光) 松原湖→帰途   今年初のぶらり旅も清里高原がメインで、松原湖や道の駅っぽい地元のお店を+αで楽しむ感じでした。 でも、おまけもなかなか魅力的です。 相模原を早朝に出発し、前回同様ひんやりと朝の清々しさの残る清里に午前11時頃到着。 代わり映えのしない旅の始まりでしたが、今回は清泉寮の牧場の上でノ~ンビリ時間を過ごしました。   ちょっと寒くなったので木のベンチにマットを敷いてストールを羽織り、八ヶ岳連峰をずぅ~っと眺めてました。
いい加減八ヶ岳の山影が目に焼き付いたので、清泉寮を下った国道入り口付近に有る「萌木の村」へ。 今回は、いつもの北ゲートでなく南ゲートに車を駐め「オルゴール博物館」や「紙わざの店」などを見て、北ゲート方面に移動するコース。   こちらは南ゲートを入って直ぐ左にある「紙わざの店」です。   お店の奥で女性の方が作品を作ってました。 お聴きすると、ペーパークラフトは独学だとか。 ナイフはあまり使わず、通常は普通のハサミを使うそうです。   それにしても、こんなに細やかなペーパークラフトを普通のハサミで切れるの?と驚くばかり! 下の作品は圧巻でした。
こちらは南ゲート正面奥の「オルゴール博物館」。
    内階段を上って中二階はオルゴール博物館、半地下へ降りるとオルゴール販売店になってました。   千円前後のオルゴールから何百万円もするものまで、多種多様な素敵な品が販売されてました。   さらに地下1階へ降りると楽器?が展示されてるようでした。 (画像はありませんが...)  
  余談ですが、右の画像はオルゴール博物館の左隣、小さなガーデンカフェ「フェアリーテイルズ」です。   小さな建屋の両脇に、大きな木が生えている様が目についたので思わず撮っちゃいました。   ピーターラビットが今にも草陰から出てくるような、そんな感じ...   そういえば、私の夢はブログに書いたように、森の中に半地下の小さなお家を建てて自然を愛でることなんです。   もちろん、セルロースファイバーで断熱と防虫・防音をしっかり施し、窓はハッチタイプの三重ガラス窓を使用するので、半地下の地熱と相まって一年中快適。   私の半地下の小さな別荘は、両脇を大きな木に囲まれた、こんな感じに建てたいと思いました。    
      「萌木の村」南ゲートから北ゲート方面に移動し、いつもの猫の店「ル・シャ・デ・ボワ」に寄りました。   入り口脇の無垢の木ベンチに寝そべる子猫ちゃん、これ粘土です。  
  長い石畳の小道奥にあるのは、私の大好きなマニーローズの陶磁器が豊富なお店「メイフェア」。 マニーローズはもう生産中止になったので、これらは貴重品です。   デフォルトなローズ柄と、軽いけど肉厚のぽてぽて感がカントリーチックでいいですね。(上段の右から2番目のキャニスターや、2種のティーポットがかわいい)   その他、ビンテージもののテディーベアや、好みの香りをブレンドしたオリジナルアロマの販売もしてくれます。(写真では小さく見えますが、3階まである洋館なんです)
  萌木の村の奥にある、散歩コース終点が「滝見の丘」です。 そこからの眺めが下の動画。 遠くの滝なのに、マイナスイオンがほとばしる音がここまで聞こえます。   ペンションに向かう途中に寄った松原湖。 黄昏時のせいか、数年前に来た時より寂しげでした。う~ん、でも素敵...
>> 続きを読む