· 

屋根裏断熱は最も効果的!Vol. Ⅱ  NIGHTS OVER TOKYO♪ 

You Tubeよりコピー

2019年6月15日のブログ「屋根裏断熱は最も効果的!」でお話したことに加えて、私がショールーム兼自宅で4年以上暮らして感じたことを今回はお話します。

  

屋根裏をセルロースファイバーで断熱すると、夏の猛暑日でも木陰にいるみたいに天井からの輻射熱を大幅に低減してくれるので、数ある断熱箇所(壁や床下等々)の中でも屋根裏断熱は室内の快適性を改善する効果が一番高いと上述のブログお話しました。

 

私のショールームの屋根裏には、セルロースファイバーを約30㎝厚でフカフカの状態で吹き積もらせています。

そのお陰で、夏季の灼熱の太陽熱で熱く焦がされた屋根から室内に向けて発する高温の輻射熱が室内で感じられず、窓を全開にして扇風機で室内に爽やかな風を通します。

そのため、最高気温が35℃以上でない限り夏でも冷房なしで扇風機で涼を取れます。

(外気温度が35℃以上だと扇風機の風が生暖かく、流石に日が陰るまで冷房をつけます。)

 

夏季は、主に日暮れから翌朝にかけて室内生活(人体、調理、風呂等々)から発する湿気を屋根裏のセルロースファイバーは吸収し、太陽光線が屋根に降り注ぐ灼熱の時間帯に湿気を気化熱とともに放出し乾燥します。

 

つまり、夜間にセルロースファイバーが吸湿した水蒸気が、昼間に太陽熱エネルギーを吸収し活発に浮遊し始めると、屋根裏空間に水蒸気が充満して太陽の輻射熱を雲のように吸収し続け、その後、さらに激しく運動する水蒸気分子は屋外へ逃げて行きます。

 

冬季は、室内暖房で暖められた湿度の高い暖気が上昇しますが、屋根裏に吹き積もったセルロースファイバーが同水蒸気を吸湿し蓄熱すると共に、上昇気流をブロックするので室内は暖かく保たれます。

 

自重の13%もの水蒸気を調湿するセルロースファイバーは、他の断熱材や建材にはないダントツの調湿性能を持ち合わせています。

 

私は、このお家で4年以上暮らし、軽量鉄骨造りという断熱的にハンディのある建築構造で、それもヘーベルハウスから引き渡し後にセルロースファイバー断熱施工を行うという、断熱施工としては完璧でない状態にありながらも、屋根裏断熱だけは厚めにセルロースファイバーを吹き積もらせた結果、期待した以上に快適に暮らせています。

 

お家の快適性を高めるためには、調湿や透湿は無くてはならない要素だと実感しました。

(1年間計測した室内外の気温・湿度もご参照下さい。)

 

下の画像は、ブログの日付で時系列的に掲載しました。

 

 

2017年5月24日ブログ「(施工事例)明日がセルロースファイバーの最終施工日!」からのコピー画像です

 

セルロースファイバーを天井裏へ吹き込むためにダウンライトを外し吹込み穴を確保、また壁中へはホールソーで内壁石膏ボードに穴を開けました

 

 

2017年5月26日ブログ「(施工事例)ショールームのセルロースファイバー吹込み施工最終日」からのコピー画像です

 

セルロースファーバーを吹き込み後、壁の穴にフタをかぶせてビスで固定しました。(ホタテ漆喰塗りをするのでダウンライトは外したまま)

 

上の画像2点では、天井からダウンライトがぶら下がっています。

天井裏へのセルロースファイバー吹き込みはダウンライトの天井穴から行いました。

 

 

2017年6月18日ブログ「引っ越し前の静けさ」からのコピー画像です。

 

家全体で約1ヵ月もかかったホタテ漆喰の左官塗りを終え、ダウンライトを戻し、壁の穴も完璧に見えなくなりました。

  

2019年6月19日のブログ「屋根裏断熱は最も効果的!」からコピーの下の動画は、

2階屋根裏にセルロースファイバーを吹き込んでいるところです。

調湿性能の高いセルロースファイバーで屋根裏を覆うと、

夏場は断熱効果だけでなく、準気化熱による冷却効果も期待できます。

人間自身や生活活動(お風呂や調理等)から発生する湿気を

セルロースファイバーが水蒸気の状態で吸収します。

セルロースファイバーに吸収された水蒸気は昼間の強烈な太陽熱を吸収すると、

より激しく飛び回り軒下換気口や瓦の隙間から屋外へ飛び出します。

セルロースファイバーの乾燥に伴う準気化熱効果により

屋根裏の熱を屋外に逃がし冷却効果を発揮します。

 

※気化熱は液体が気体になる際に熱エネルギーを吸収して冷却しますが、

セルロースファイバーの場合は、

水蒸気(気体)の状態で熱を吸収し熱と水蒸気を放出(乾燥)

するため“準気化熱”と表記しました。

 

これだけ吹き込めば輻射熱対策だけでなく飛行機の防音対策としても威力を発揮します。

音も熱も波で伝わりますが、音は音波、熱は電磁波です。 

セルロースファイバーの細かな繊維が音波を受け微動することにより、

音波を熱エネルギーに変換し防音効果を発揮します。 

一方、輻射熱を低減する原理は、セルロースファイバーが吸収した水蒸気が

電磁波を吸収して輻射熱が室内へ侵入するのを防ぎます。 

 

下の動画は、約5㎝厚のセルロースファイバーを手のひらにのせて

火力の強いバーナーで燃焼試験をしたものです。

この試験はセルロースファイバーが燃えずに炭化することを証明するために行いましたが

手のひらが熱くならないことからもわかるように断熱性能も抜群なのです。

 

セルロースファイバーの本格的な防炎性能試験もご紹介します。 

下の動画はカナダの第三者機関監視の下、火災実験を行いました。

結果は、断熱材無しの家屋が点火後40分で一番早く崩壊、

グラスウールで断熱した家屋は42分30秒後に崩壊、

セルロースファイバーで断熱した家屋は、67分後に崩壊しました。 

ホウ酸で燃えなくたったセルロースファイバーで断熱した家屋の耐火性能は

グラスウールで断熱した家屋に比べ、崩壊までの時間比で57%上回りました。

YouTubeよりコピー

www.comfizone-japan.com Blog Feed

屋根裏断熱は最も効果的!Vol. Ⅱ  NIGHTS OVER TOKYO♪  (金, 19 11月 2021)
>> 続きを読む

大國魂神社へお参りしました。あの頃 ~藍色の季節♪ (Fri, 05 Nov 2021)
>> 続きを読む

日本を滅ぼす岩盤規制!On The Floor ♪ (Fri, 29 Oct 2021)
>> 続きを読む

(施工事例)川崎市の新築物件 断熱施工Vol.Ⅲ屋根裏編 あなた♪ (Mon, 25 Oct 2021)
>> 続きを読む

(施工事例)川崎市の新築物件 断熱施工Vol.Ⅱ壁編 美サイレント♪ (Sat, 23 Oct 2021)
>> 続きを読む